高倉健「我行精進、忍終不悔」座右の銘

高倉健11月名言

我行精進、忍終不悔

高倉健 座右の銘

我が行は精進して、忍んで終に悔いなし

悪性リンパ腫(ガンの一種)により、亡くなった事が分かった時(2014年11月18日)の所属事務所(高倉プロモーション)からの発表時「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」にも使われた言葉です。

元の言葉の由来は、「大無量寿経」に説かれている阿弥陀仏(法蔵菩薩)の言葉。歎仏頌(たんぶつじゅ)の最後の締めの言葉です。

「仮令身止 諸苦毒中 我行精進 忍終不悔
たとえこの身が苦渋を舐め尽くしても、精進・忍耐して成し遂げよう。

役作りのために、精進・忍耐するエピソードに枚挙のいとまがない高倉健さんにふさわしい言葉ですね。

コメント