もし大坂城が落ちることがあれば、秀頼様を助けて熊本城まで退き、城をより所に戦うまでだ

加藤清正人名【か】で始まる

もし大坂城が落ちることがあれば、秀頼様を助けて熊本城まで退き、城をより所に戦うまでだ

戦国の武将 加藤清正(かとうきよまさ) 1562年(永禄5年)6月24日生 尾張(愛知県出身)
有方録より

 清正の作った隈本城は豊臣家の最終防衛線としての役目があったと言われている。秀頼を迎え入れる部屋と伝えられる「昭君の間(しょうくんのま)」があり、ここに入るには地下にある「闇御門(くらがりごもん)」 を通り、様々なからくりを施した特殊な秘密通路を経て行かなければ成らないようになっていた。また「昭君の間」の隣には、抜け穴が設けられていた。 
 ※参考 NHKその時歴史は動いた

コメント