ボブ・カーター「無償で特許の実施権を提供することで、水素社会の実現に積極的に貢献していきたい」

無償で特許の実施権を提供することで、水素社会の実現に積極的に貢献していきたい

ボブ・カーター ~トヨタ販売・上級副社長~

 2015年1月6日アメリカ・ラスベガス。トヨタ自動車は燃料電池車の普及に向けた取り組みの一環として、世界で単独保有する燃料電池関連の特許の実施権を無償で提供すると発表しました。トヨタは去年12月、世界で初めて燃料電池車の一般販売を開始していますが、今後、燃料電池に関連してトヨタが世界で単独保有する特許およそ5700件を自動車メーカーなど関連業界の企業へ無償で提供するという。このうち燃料電池システム関連の特許については、2020年までの期限付きで提供する。

この特許無償提供には、1社単独の努力だけではマーケットを作れない。複数の会社を巻き込まなければ水素自動車という芽は出たものの花開かないと判断したからに他ならない。次世代エコカーで先行する三菱・日産の電気自動車は300万円前後。一方水素自動車は補助金込みで500万以上もする。価格面もさることながら燃料供給の面での水素スタンドの設置など、インフラ面での課題も残す。

 過去に類を見ないレベルの特許放出を行うことで、水素自動車界でのイニシアティブを取るを狙いだ。

コメント