瀬古利彦「指導者の究極の仕事は、選手を止める事」

瀬古利彦スポーツ選手・指導者

指導者の究極の仕事は、選手を止める事

瀬古利彦(せこ としひこ)1956年7月15日生(三重県桑名市出身)
四日市工ー早稲田大ーヱスビー食品
~元SB食品陸上部監督~

アスリートは休むことも重要な練習の一部だが、強い選手は休めと指示しても隠れて走り込みをしてしまうものだ。あとは指導者がよく観察して危ないと思ったときだけ「もうやめとけ」というのが指導者の仕事。と語っていた。

コメント