きょうはオレは歌わないけど、ここはユタカ君が歌いますので

北島三郎人名【き】で始まる

競馬

きょうはオレは歌わないけど、ここはユタカ君が歌いますので

北島三郎(きたじまさぶろう)1936年10月4日生(北海道上磯郡知内村出身)
2016年5月1日 天皇賞春をキタサンブラックで制した北島三郎氏のコメント

 天皇賞・春は3,200mの国内最長のGIレース。この日キタサンブラックは2番人気。前年の菊花賞(3,000m)を制して長距離適正はみせていたものの、母方の父に短距離馬サクラバクシンオーがいるために距離に不安視されていた。1番人気は前年の有馬記念を制したゴールドアクター。
 キタサンブラックは序盤から馬場の内側を落ち着いて走り、最後の直線も伸びるイン側に入る。残り200m付近でカレンミロティックに一旦は外から交わされるものの、持ち前の勝負根性で内から差し替えし2つめのGIを手にした。

 表彰式ではサブちゃんはご満悦。菊花賞で「まつり」を熱唱した事もあってファンは、今日も熱唱があるのではないかと期待してた。ここでサブちゃんは「きょうはオレは歌わないけど、ここはユタカ君が歌いますので、、、」と一旦はおどけて見せてみたものの、キタサンブラックに騎乗した武豊騎手は「いやいや、それは無理ですから」と返した後、結局観客の手拍子で「まつり」のワンフレーズを替え歌で披露した。

”まつりだ まつりだ キタサン まつり”
”今日は ユタカさんの まつりだよ”

コメント