高倉健「一生懸命やっていると、ちゃんと見ててもらえるんだなと素直に思いました」

高倉健11月名言

高倉健が出演した映画では、、、

ほとんどは前科者をやりました。
そういう役が多かったのに、
こんな勲章をいただいて
一生懸命やっていると、
ちゃんと見ててもらえるんだなと
素直に思いました

高倉健 ~文化勲章親授式のコメント~

出演した映画205本の大半で日陰者を演じてきた高倉健さん。本人いわく、不器用で愚直に役作りに向き合って来たわけですが、我々も普段の地味な仕事というのはなかなか人の目につかないもの。社会の歯車は面と向かって感謝されることはなく、むしろ日々淡々と仕事をこなすのが当たり前くらいにしか思われないものです。面と向かって感謝されなくとも、ちゃんと見ていてくれる人はいる。というメッセージに捉えられますね。

コメント